これから受給申請される方へTo the future

生活保護の受給をお考えの方へ まずは現在、お住まいの地域の役所(福祉事務所)へ
ご相談くださいませ

生活を保障する生活保護制度

現在の日本では生活保護法により基づいた生活保護の申請を行い生活保護の受給を受ける事が可能です。
生活保護とは国の厚生労働省の定めにおいて、生活保護の受給を希望される方が資産や働ける能力などの全てを活用してもなお生活に困窮される場合に、生活の困窮の状態に応じて必要な生活保護を行い、健康で文化的な生活を送れるよう最低限度の保障です。
ケガや病気で働くことが出来ない場合や、家庭の事情や年金の支給額が少なく生活の困窮状態となってしまった場合に他に援助頂けるお身内のかたがいない、若しくはお身内の方にも援助するほどの資力がない場合などに生活保護を受ける対象となります。

生活保護の申請

生活保護は誰でも受けられるわけでは御座いません、初めに生活保護を申請するにあたり基本的には申請される方が世帯主である必要がございます。
ご家族や親戚等と同居をしている場合ですと世帯全員が生活の困窮状態であればお話は別ですがほとんどの場合で受給を認めて頂けません。(祖父母や親戚と同じ家に住みながら世帯だけ別にする世帯分離という方法もありますがそれを認めてもらうには条件が厳しく今の日本ではほとんど認められないケースばかりです。)収入や資産のある方と世帯を分けて頂くにはお住まいを別々にして頂く必要が御座います。
まずは現在、お住まいの地域の役所(福祉事務所)へご相談くださいませ。
生活保護を受けられることがある程度、はっきりしてから物件を探されることをお勧めいたします。

大阪生活保護住宅情報センターへの
お問い合わせはこちら